循環型コミュニティーの実践と研究

オンラインサロンを覗いてみる♪

ZOOMウェビナーを使ったハイブリッド瞑想ヨガからの学び

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
面白いこと楽しいことが大好き♪コミュニティー作り専門家の中野美紀子です。 循環型コミュニティーの運営、美紀子レンタルサービスでで国内外問わずセミナーや交流会をしながら、好きな場所で好きな時に自由気ままに仕事をしています。プライベートはインドネシア人と国際結婚をし、二児の母です。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!中野美紀子です。(@shimondog

前回こちらの記事にも書きましたが、ブリスベンの会場とオンラインをつないで瞑想ヨガを開催していただきました!

会場とオンラインを融合したセミナーや講座をハイブリッドセミナー、ハイブリッド講座と読んでいます。

ハイブリッド形式は2015年から取り入れていますが、動きのある講座はやったことありませんでした。

通常セミナーだと、画面上に参加者を映すことはしませんが、ポーズなど先生にチェックしてもらえるようにパネリストとして入っていただきました。

画面ではこんな感じ。

 

ポーズをチェックしてもらう必要なくて自宅から見るだけの人は、ウェビナーシステムとフェイスブックライブを連携して、フェイスブックから見ていただきました。

こんな感じです。

 

ここで大きな気づきがあったのですが、ZOOMの画面では参加者も画面に写っていますが、フェイスブックに連携したら参加者は映りません。

ですので、先生にボディーチェックしてもらわなくて、参加者との交流も特に必要ないという方はフェイスブックから気軽に参加ができます。

ZOOMウェビナーを使うことでフェイスブックライブと連携ができますのでウェビナーシステムは月額40ドルですが使う価値は本当にあります。

みなさんリアルな講座で会場代に5000円から10000円ぐらい使いますよね?

経費はケチらずに参加者さんが心地よく参加の選択肢ができるのはすごくいいなとやってみて思いました。

あと、ハイブリッド形式でやるときは、動きがないセミナーも、動きがある講座も共同ホストを立てた方がいいです。

一人で両方に意識を向けるのは結構大変です。

コメントは共同ホストに任せると気持ちにも余裕が持てます。

ハイブリッド形式で講座をするときは講師の意識もオンライン側に多めに持っていくといいです。

会場はいやでも自然と意識を向けます。

でもオンラインは忘れがちなのでオンラインの参加者が「疎外感を感じる」ということがあります。

ハイブリッド形式は人から学んでもやってみないとわからないことがありますので、書いた注意点を意識してやってみてくださいね。

遠方で参加を諦めていた方、子連れで参加を諦めていた方、当日仕事があって参加できない方にハイブリッド形式の講座はめちゃめちゃ喜んでもらえますよ^^

オンラインサロンのメンバーさんは会員サイトからハイブリッドセミナーの開催方法の動画がご覧いただけます。

2014年から運営してきたオンラインサロンの作り方と運営方法を

無料で公開します!


こちらのe-bookは2014年から運営してきたオンラインサロンのノウハウ後ぎっしり詰めた総ページ100ページを超えるe-bookです。

・これからオンラインサロンを作りたい方

・オンラインサロンの運営にお悩みの方

・循環型コミュニティーを作りたい方

はぜひ手に取ってみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
面白いこと楽しいことが大好き♪コミュニティー作り専門家の中野美紀子です。 循環型コミュニティーの運営、美紀子レンタルサービスでで国内外問わずセミナーや交流会をしながら、好きな場所で好きな時に自由気ままに仕事をしています。プライベートはインドネシア人と国際結婚をし、二児の母です。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 循環型コミュニティーの作り方 , 2018 All Rights Reserved.