循環の世界に生きてみる!

 

こんにちは。中野美紀子です。

こちらのオンラインサロンは期間限定の募集となっております。

次回のご案内は未定です。

こちらにエントリーしてお待ちくださいませ。

2014年9月からオンラインサロンの運営をしています。

循環型コミュニティーって何?

違いから学ぶって何?

よくわからないけどどんな価値を提供してくれるの?

この問いに長い時間悩み、苦しんでいました。

まだ一部の人しかやっていなくて正解がない。

とにかく言語化が難しかったんです。

ですが2018年8月、コミュニティーメンバーさんと4時間対話の末、言語化が進み、たくさんの点が線となってオンラインサロンをリニューアルして再スタートすることにしました!(録画と議事録はオンラインサロン内で見ていただけます)

2014年9月、ちょうどオンラインサロンをスタートとして4年目となります。

4年目の節目に目に見えていなかった道をみんなが一緒に作ってくれたことに心より感謝しています。

 

循環の世界って何?どういう経緯で今の形になったの?と興味を持ってくださった方は読み進めていただけると嬉しいです。

オンラインサロンスタートのきっかけ

きっかけは2014年9月。

始めたきっかけは私のコンサルティングが5万円なので、お金のハードルで参加できない人に参加してほしいという思いでスタートしました。

 

当時高額の塾が流行っていたので逆をいく私のオンラインサロンは物珍しく注目を集めました。

10名からスタートした小さなコミュニティーでしたが気がついたら80名を超えるコミュニティーに育っていきました。(80名から100名の間を行ったり来たりしています)

最初のうちはオンラインサロンの中で私のセミナーを配信したり、ノウハウを伝えたりしていました。

それは、「このオンラインサロンは私が教える場所だ」と思っていたからです。

ですが日に日にメンバーさんの方が回答が早くなり、私が回答しなくても必要な回答がそこにいつも並ぶようになりました。

「私の答えじゃなくてもいいんだ」

「私の正解が全てじゃないんだ」

って。

そう思った瞬間別の世界が見えるようになってきました。

全ての違いが学びに変わる!

学びは先生から与えてもらい受け取るものだと40年近く思ってきました。

多くの人が今でもそうだと思います。

だから私が突然「違いが学びに変わるんですよー!」って言ってもこれは体験した人、つまりオンラインサロンの内側にいる人にしかわからないのです。

だからオンラインサロンでの発見を外でつぶやいても、へんなおばちゃんが叫んでいるようにしか見えなかったのです(^^;;

 

例えば先日こんな投稿をしました。

 

私のフィルターを通した答えは上にもあるように

・おもろい!
CAさんとはこうであるという私の常識から外れている

という理由だったのですが、オンラインサロンの元CAさんの回答の中にはバニラエアは他の飛行機より座席が狭いんですよという情報がプラスされていたり、セールの情報まで交えて回答してくれました。

私のフィルターからは絶対に出てこない情報です。

他にもSMAPに例えて表現してくださった方もいたり、「ここだったら私も雇ってもらえるかも」と笑いを交えた回答をいただいたり。

10人答えてくれたら10通りの回答があります。

それが「なるほどね!」と大きな気づきや学びになります。

でも残念ながら「違いこそ学びという視点」を持たず、「先生に教えてもらうもの」という視点でみると全くこの投稿にも回答にも価値を感じられないということです。

先生がいない場所でも学びは成立する

ちょっと面白い事例を紹介します。

先生がいない語学学校は学びの場として成立すると思いますか?

 

答えは成立します!

実際に私が携わったコミュニティーなのですが、先生は動画コンテンツを販売しただけでコミュニティーを持っていませんでした。

ご自身が運営する気は特に無かったようで、私がグループの立ち上げから関わることになりました。

ここにあったのは「動画」と、語学を学びたいメンバーのみです。

自己紹介で場を温めたり、私が書き込みを積極的にしていると、どんどん場が活性化して、交流会や、ZOOMを使ったアプトプットの会が立ち上がり始めました。

私ではなく他のメンバーさんがやってくれていました。

ZOOMのアウトプットの会にすら先生はきません(笑)

先生がいないとみんな自分の力で考えようとするんですね。

そうなんです!「自分でできる力」ってすでにみんなにあるんです。

でも先生という存在が受け身の状態にさせているのです。

主体性の学びの場を作りたい場合は、時には先生の存在が邪魔します。

アウトプットの会では外国人の方を呼んだりいろんな工夫が生まれました。

自分たちが冒険をしながら答えを導き出すような感じでワクワクしました♪

先生=正しい

この図式を取っ払うことで人は「個性(自分の役割)」を発揮し、みんながみんなの得意な分野で動き始めるのです。

循環はどのように起こって行ったのか

私が勝手に提唱している「循環型コミュニティー」はビジネス界では「自走型コミュニティー」という言葉が使われていいます。

同じように自己組織化コミュニティーという呼び方も聞きます。

実際に運営している人に話を伺うとどこのコミュニティーも「自らが動き場に貢献する」という今までの常識では考えられない流れが起きているそうです。

私が「循環」という言葉を使っているのは自分が出したエネルギーが同じエネルギーとなって返ってくることがコミュニティー運営を通じてわかったからです。

私がとにかくやってみたことが「Give」です。

高額のコンサルやセミナーも持っていましたが、それは置いておいて私が出せるものは全部この場に出していこう!

「損してもいい」

そう許可を出してどんどんコミュニティー内で「Give」をしました。

そうすると不思議なことにコンサルもセミナーも案内していないのに個別コンサルやセミナーにきてくれるようになって集客がいらなくなりました。

多くの人は「続きは個別コンサルで」ってやるんですよね。

というかやりたくなるんですよね。

そんな相談いっぱいいただきました。

「全部出すと有料サービス売れなくなりませんか?」って。

みんなそういう恐れを自然に持ちます。

でも私の場合はむしろ全部出すことで常に満席が続きました。

そこで「循環」を感じました。

さらに今はコンサルもセミナーもやめてしまいました。

もうビジネスの世界で言われているバックエンドという売り物はないです。

収入は半分以下に減りました。

でもメンバーさんが仲間をコミュニティーに連れてきてくれたり、美紀子レンタルでおこづかいや寄付をいただいたり・・・

今年一番大きかったのは「10万円」を個人のポケットから私にくださった方がいらっしゃいます。

稼いでた時は忙しすぎてお金は滝のように流れ出て海外に1度もいけない年があったのですが、なぜか今年は海外旅行に4回行けるというミラクルまで起こっています。

ここでもやっぱり「循環」を感じています。

メンバーさんが感じている循環

みなさんが感じている循環をオンラインサロンのコメントから紹介させていただきます。

直感を生きよう~心で感じる素直な想い。自分らしく、シンプルに楽しく
.
愛と喜びが循環するコミュニティ。
それぞれが自発的に動く。
ワクワクして自然に与えたくなる。
.
見返りなんて考えてもいなくて、自分がやりたいからやる。
.
はなから期待してないから思いがけないところからお返しを受け取ったりするとほっこり嬉しい。
.
ひとのご縁が、ありがたい。
人との繋がりが広がり、さらなる喜びを連れてやってくる。
.
うまく言葉で表現できないけど、私が3月から参加している
オンラインサロン循環型コミュニティってこんな感じ。

循環って時計の中身を思い出します。

ギザギザが付いた丸。それぞれ動いて、それぞれのタイミングで重なり合って時計を動かしている。小さいものもあれば大きいものもある。

皆さんからのご意見が自由に発せられ、受け止められる場所というのも循環型コミュニティーのステキなところだなあとか、自分も他の誰かにとっても、break throughや成長につながる。

これも循環型コミュニティーの素晴らしさのひとつなんじゃないかなと思っています。

みんなそれぞれの言葉で循環を語ってくれています。

表現もみんなのフィルターを通しているので違いますが「自由を許可された場所」「個性を発揮できる場所」なんじゃないかなって思います。

アクティブなコミュニティーってついていけない自分を否定したり疎外感を感じたりしませんか?

私のコミュニティーは

・投稿を眺めるだけでもいい

・発信は自分のタイミングですればいい

現に読むだけ専門で長くいてくれている人もいるし、読むだけの人だと思っていたら突然書き込みをしてくれたり!

みんなのタイミングにまたワクワクします♪

循環型コミュニティーから得られること

循環って自ら起こすものなのでまずは「Give」することから始まります。

与えることで自分の中にすでに「ある」ものに気づくことができます。

そもそもないものって人に渡せないですよね。

わかりやすく物質で例えてみると、メロンパンが目の前にあったとします。

それを人に与える(分かち合う)ことができますよね。

なかったらメロンパンは与えることができません。

ですので「Give」することが自分の中の「ある」を確認する作業になっていくのです。

世界で一番幸せな国フィジーの世界で一番非常識な幸福論の中にも分かち合うことが幸せの習慣の一つとして書かれていました。

与えること分かち合うことが自分の心の豊かさと直結していくのです。

でも突然循環型のコミュニティーに行っても何をしていいかわからないと思うのですが実はとっても簡単なことからできます。

例えばオンラインサロンの中では、人の投稿に「いいねや超いいね」をつけてみるとか、コメントしてみるとか、そんなことでいいのです。

自分からGiveすることで

・自分の価値を知ることができる(存在の価値、役割、心の豊かさ)

自分の得意なことって無意識でできるので、あっ、自分ってこんなことが好きなんだな、こんなことで人のお役に立てるんだなと気づくことができます。

これは先生と生徒の関係(受け身)のコミュニティーからは生まれてきません。

・信頼貯金(プラス貯金)ができる

信頼貯金の利子はめちゃめちゃ高いのです。

応援してもらえたり、一緒にプロジェクトを起こす仲間ができたりこのリターンは本当に大きいです。

・個性を発揮できる安心安全な場所

違いを学びに変える場所なのでどんな意見も意見として受け止めてもらえる。(善悪や正しさでの判断をされない)

従来のトップダウンの組織であれば提供できるものをどんどん並べて書けばオンラインサロンの価値はすぐわかるのですが、循環型の場合は目に見えない価値を言語化して伝えるのが本当に難しいです。

私が4年の運営を経て今感じていることは、

循環が起きている場所」そのものに価値がある

ということです。

以前キングコングの西野さんがすごくうまいたとえをされていたのですが、住民税を払ってその村に住むという感覚だと私も思っています。

・相談しあったり

・自分ではできなかったような出会いを果たしたり

・一緒にプロジェクトを起こしたり

・一緒に遊んだり

私のオンラインサロンは「起業」という共通のツールを持った仲間が集まり、分かち合い、助け合い、そして自分の使命に気づき突き進んでいく心豊かな起業家をみんなで育て合っています。

そんな循環型のコミュニティー(スクール)をオンライン上で作っています。

競争に疲れた起業家ではなく、大好きなことをワクワク楽しく自分の使命を果たす起業家にみんなでなろうよ!

とこうしてブログで叫んでおります。

実は私は今までのやり方を全て手放して今回この記事を書いています。

なんでこの活動をしているのか、そこの想いをひたすらこうして書き進めています。

本来の自分とつながり使命を生きる

人はみんなこの世に生まれた使命があります。

みんな違う個性を持っているのはその役割を果たすためです。

その役割を果たしていなければいろんな問題が起こりそのことに気づかせるように宇宙からサポートが入ります。

一見苦しみのように見える出来事って実は心の声に気づかせるための宇宙の優しさなんですよ。

周りの目を気にして比較して苦しんだり、稼ぐことが成功と決めたり、集客できたことが成功と決めたり。

起業したら1度はそんなことに振り回されたことはありませんか?

メンバーさんが自分にとっての成功に気づいて投稿をしてくださいました。

このコミュニティに入れていただくまでは、○○の仕事も、ベビー教室も、どっちも完璧に!って思っていました。ベビー教室の方であれば集客をがんばるとか、結果としての満席とか。
そんなことばっかり考えていたような気がします。○○の仕事があるために、希望された日にレッスンができないことに焦ったり。

でも、ふと、両方が常に100%である必要もなく、どちらかに比重が傾く時期もあるし、それはそれでいいのかな?と腑に落ちました。

起業するなら成功とされる形を目指す!と思っていたことも、いまは細々とした活動ですが「楽しかった」と言っていただけることが一番のよかったことなんだと気づけました。

それがわたしにとっての【成功】なんだなとわかりました。

周りからみられるわたし、ではなくわたしがやりたいことを主体的にやるでいいんだ、って長い時間かかりましたが、心の底から思えるようになりました。

そして特に発信しなかった二ヶ月の間にも、それなりにレッスンが成立していた不思議、など新たな体験もありました。

そして今日からまたSNSも再開しようと思いつきました。

このコミュニティに入れていただき、得るものはノウハウだけじゃないと、ここ数日の投稿を見て、改めて感じています。

本当はみんな成功してるんですよ。

成功の定義、幸せの定義、なんでも自分で決めれるし、自分でしか決めれないのです。

生きづらさや苦しみを感じている人は他人が決めたことに振り回されているのです。

私は自分の心の声に従って生きることが使命を生きることだと思います。

でも私たちは人と合わすことや周りからはみ出さないことが良いと育ってきました。

だから無意識で自分の感情に蓋をして気づかないようにしています。

その扉を開けて自分らしい人生を歩みませんか?

今までのトップダウンの組織ではそれができないことに気づき、横のつながりにして人体実験を繰り返し今の形になりました。

私のコミュニティーは起業前の方から経営者の方までが横につながっています。

そんなことが可能な他ではなかなか見られない面白いコミュニティーなのです。

こんな人と一緒に循環を起こしたい!

今までは女性のみだったのですが、今回から男性の参加も可能になりました。

そしてそこからどんな循環が起こるのか楽しみたいと思っています。

・これから起業したい方

・起業している方

・稼げて物質的な豊かさは得たけどなんか違うと思っている方

私のコミュニティーは「起業」という形で自分の使命を実現していこうと思われている方向けのオンラインサロンですので、これから起業したい方すでに起業している方はどなたでも参加いただけます。

オンライン上のコミュニティーですので住んでいる場所も時間も関係ありません。

24時間365日好きな時間にアクセスしてご参加ください。

海外はオーストラリア・韓国・シンガポール・カナダ・アメリカイタリアから参加してくださっています。

オンラインサロンの活動

オンラインサロンではこんな活動をしています。

・中野美紀子の人体実験や学びのシェア

・悩み事の相談・シェア

・できたことのシェア

・活動報告

・交流会(オンライン、リアル)

・4年間でシェアした動画セミナーや資料を見放題

・新しいチャレンジをまずはグループでお試し

・オンライン上のコワーキングスペース

ZOOMウェビナーシステムの共有(サロン内の活動に限る)

・アクティビティー(合宿・遊び・旅)

・部活の運営

部活の活動事例をいくつか紹介させていただきます。

・グローバル部では日本と海外をつなぐ活動やグローバルに活動できる情報を発信

・腸活部では、お料理教室をオンラインで配信

・インスタ集客部ではインスタグラムの活用法のオンラインセミナー開催

サロン内の活動は全て無料で参加できます。

部活そのものもGiveの活動となっています。

私が依頼することもさせることも当然なく、やりたい!と手をあげてくれた方が勝手にやってくれています。

失う恐れや奪われる恐れなく人にGiveできるというのは「循環」がわかっているからだと思います。

Giveすることで自分の「ある」に気づき個人の活動のヒントにもなってお仕事にさらなる加速がかかっています。

参加方法

参加の流れです。

1.お申し込みはこちらをクリック、個人情報を入力

2.決済画面から決済月額4980円
(基本的にペイパルを使用した自動課金となります退会のご連絡を頂ければはいつでも自由に退会できます。)

3.自動返信メールにグループ入会方法と退会方法が記載

現在募集をしておりませんのでこちらにエントリーしてお待ちくださいませ。

*エントリーイコールお申し込みではありません。

循環の場を作っている中野美紀子とは

それで中野美紀子って誰?と思う方もいると思いますので自己紹介をしたいと思います。

大阪生まれ、大阪育ちで今年40歳になる2児の母です。

インドネシアのバニュマス村出身の旦那様がいて10回のジャングル生活を体験しています。

私の循環の世界はバニュマス村からの学びもたくさん得ています。

そんな私は、2010年産後うつで苦しむママたちに楽しんでもらいたい!

という気持ちでベビー教室をスタートしました。

集客できないところからブログ集客を学び、リピートしてもらえる仕組みを作り4つの教室を満席行列といういわゆる「成功」と一般的に呼ばれるような体験をしました。

稼げないジャンルと言われたジャンルで稼ぎ、コンサルタントに転身し商業出版もはたしました。

周りからみたら「成功」の世界にいる人。

でも心は病んでいました。

「楽しくワクワクして仕事したい」

そんな心の声に従い2014年今までの信じてきた常識を疑い、楽しいだけで人は集まるのか?という実験をやってみたり、起業塾ではなくオンラインサロンを立ち上げたりしました。

2018年はセミナーとコンサルを手放して美紀子無料レンタルというGiveの活動をしたら何が起きるのかという人体実験中です。

Giveの活動から「心豊かな起業仲間を循環の世界で育て合いたい」ことに気づき、オンラインサロン3.0に完全リニューアルし、「循環の世界へ!」をスタートすることに決めました!

ともにワクワクするオンラインサロンを作っていっていただけると嬉しいです。

2018年8月31日 コミュニティー作り専門家:中野美紀子

Copyright© 循環型コミュニティーの作り方 , 2018 All Rights Reserved.