自分をさぼらず生きる

やりたい!と湧き上がってきたことはまずはやってみる!そこから湧き上がってくる世界

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年4月からスマトラ島のとある村で自然と共存しながら暮らしています。管理ゼロでコミュニティーが自然と動き出す循環型コミュニティーの運営と、執筆、ポコチャライブで鼻笛の演奏をしています。 変化を受け入れ流れに従って生きています。
詳しいプロフィールはこちら

スマトラ島からこんにちは(@shimondog

今日はすごく嬉しい報告をLINEから受けました!

「Kindle出版しました!」と

いやー、もうめっちゃビックリしました。

そしてKindle出版する方法をブログを書いてよかったなと思いました。

そしてお約束通り私は早速読ませてもらってレビューも書きました^^

私の記事を読んで初めてKindle出版した方は是非LINEから教えてくださいね。

彼のチャレンジする様子であったり、心が揺さぶられている様子だったりがすごく心に響きました。

他人を理由に自分のことを諦めない

親に反対されるから・・・とか、逆に親になってからは子供がいるから・・・ってやりたいことを諦めたことはないですか?

彼は高齢の母を置いてマレーシアに出張なんて・・・と思っていたけど行く!と決めました。

そうするとできる方法が目の前に色々と飛び込んできたのです。

僕が僕自身に何かしらの制限をかけることで他にある方法や考えが見えなくなってしまっているだけのことかもしれない。

これ、子供を持っているお母さんにも結構ないですか?

私、美紀子レンタルで国内外でセミナーをしていた時に、子供二人いて海外はもちろん国内も無理!って思っていたんですよ。

もうね、最悪離婚覚悟でもいいからやりたい!って思って旦那や自分の母に相談したら「いいよ」と連携プレイで協力してくれたんです。

彼の本を読んでそんなことを思い出しました。

我慢のエネルギーの行き着く先

もしあの時我慢していたら・・・

私は旦那や子供を恨んでたと思う。

結婚して、子供を産んだことすら後悔してたかもしれない。

人は自分に許可を与えると、その人は人に優しくできるようになる。

自由に動きたい自分に許可をしたことで周りも許可してくれて、私もハッピーで、みんなもママがハッピーで幸せという笑顔の循環。

彼もその後のお母さんとの関係が良好でケーキ屋さんに行ったり楽しい様子が描かれていました。

我慢って誰も得しない。

最後に

私がKindle出版の記事を書いてすぐにLINEから出版してみようかな?ってメッセージをくれたんですが、そこから出版までのスピードの速さにビックリしました!

本の冒頭に「上手、下手、おもしろい、つまらない」は別としてまずはやってみる!

ということが書かれていたのですが、そう思って実際に行動を起こすってすごいなと思いました。

KindleUnlimitedの会員になっていると、980円でいろんな本が読み放題なので、初月無料を利用していろんな本を読んでみてください。

書くのが好きな人は色々書きたくなるかも♪

 

 

信頼と自由で成り立つ管理ゼロの循環型コミュニティー

一人一人が運営者となり主体的に動くのが

「大人の自由研究」

自分らしく楽しく生き、そして遊び心いっぱいの人たちの集まりです。

この記事を書いている人 - WRITER -
2019年4月からスマトラ島のとある村で自然と共存しながら暮らしています。管理ゼロでコミュニティーが自然と動き出す循環型コミュニティーの運営と、執筆、ポコチャライブで鼻笛の演奏をしています。 変化を受け入れ流れに従って生きています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スマトラ島からのお便り , 2021 All Rights Reserved.